« 手打ちそばでもてなし | トップページ | 診察に行ってきました。 »

2008年5月20日 (火)

C型肝炎の治療が終えたけど

昨年の6月からはじめたC型肝炎の治療が、ようやく終了しました。一週間に一度「インターフェロン」という抗がん剤を注射、レベトール、ペガシス、という飲み薬を併用して一年間が過ぎました。医師の話では、8週目あたりでウィルスがマイナス(消えた)になっているし肝機能も正常に戻ったから、治療の効果が現れています。この分なら完治することでしょう。と言ってくれていますが、半年間検査を続けなくてはいけないようです。5月7日に最後の注射をして薬も飲まなくてすむようになりました。一年間インターフェロンの副作用(発熱、頭痛、めまい、高血圧、筋肉痛、うつ症状など)に悩まされてきましたが、終わったことでほっとしたのもつかの間。 「副作用は治療が終わってもしばらく残りますよ」と言われ、今その残りの副作用に苦しんでいます。頭痛に加えて、胸から腹にかけての筋肉が周期的に締め付けるように圧迫するようになりました。息をするときも痛みが出ますし食欲がありません。これが最後の副作用かな、と我慢したいと思いますが、苦しいので今日は診察を受けに入ってきます。このところ天候も不順だし、気分が良くありません。08511_004

|

« 手打ちそばでもてなし | トップページ | 診察に行ってきました。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/41264034

この記事へのトラックバック一覧です: C型肝炎の治療が終えたけど:

« 手打ちそばでもてなし | トップページ | 診察に行ってきました。 »