« 英会話講師のビザ更新しました。 | トップページ | さくらさくらさくら »

2008年3月31日 (月)

現代のうばすて山 2

桜も開花し春本番の到来です。しかし、弱者にとってはたいへんな痛みの押し付けが始まる4月になるようです。このごろ新聞の投書欄に「後期高齢者医療制度」は見直しを、撤回せよ。との意見が増えています。なぜ75歳以上なのか?厚労省課長補佐は「医療費が際限なく増えていく痛みを、高齢者に自覚していただく」のが目的だそうで、舛添厚労相は「高齢者の特徴が3つある、①治療の長期化、複数疾患への罹患②多くに認知症が見られる③いずれ避けることのできない死をむかえる。」とまとめています。要するに「年よりは病院に行かずに早く死んでくれ」といっているようなこと。 戦争体験者は「若いころは国のために死んでくれといわれて戦地へ行った、今度は金がかかるから早く死んでくれとは何というひどい仕打ちですか?」と怒っています。 しかも保険料は子や夫の扶養になっていた人からも取り立てる。とりっぱぐれがないように、わずかな年金から天引きにする。65歳以上は4月から「国民年金保険料」も09年度からは住民税も天引きすることが決まっています。介護保険、医療保険、住民税と次から次へ天引きされて、「孫に小遣いもやれなくなる」、5000万件も払われた保険料を宙に浮かせておいて、取るものだけは取り上げてしまう、いったいこの国の政治はどうなっているの。長い間この政権党に任せてきた大きなツケが、現れたきました。「うばすて山はまだいい、捨てられるだけだから、医療制度はお金を取られて捨てられるのだから最悪ですよ!」こんなこと考えた政治は変えるしかありません。お年寄りの皆さん怒りましょう!083_011 083_008  083_017 083_013

|

« 英会話講師のビザ更新しました。 | トップページ | さくらさくらさくら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨日1日は、横浜駅前で
『長寿に酷な春』『入山料を取る姥捨て山制度』即刻やめよ
の、トランペットを吹いてきましたよぉ!!
『ケセラ』と『持ちつき唄』でしたが、手拍子も沸いて
その後のお話の弾みにはなった模様でしたね。

福田首相の妄言は到底許せませんね。
早くやめさせて、国民の願いが叶う政治に近づけたいです。

まっぴらさんでした。

投稿: まっぴらさん | 2008年4月 2日 (水) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508709/40700353

この記事へのトラックバック一覧です: 現代のうばすて山 2:

« 英会話講師のビザ更新しました。 | トップページ | さくらさくらさくら »