トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

松井田町国際交流協会(MIA)紹介

町内に住む外国人又は外国出身者は76人(07.12現在)フィリピン19、ペルー10、インドネシア、コリア7、その他となっています、6年前にこの人達の支援を目的に設立されたのが松井田町国際交流協会です。(会員はまだ20名ほど・連絡先は金井久男会長宅まで)、主な活動は、ニュージーランド人夫妻による英会話教室(文化会館)、外国人のための日本語教室、現在の生徒はカナダ出身のミンディさん、フランス出身のフレデリックさん2人。元国語の先生が教えます。Xmasin_saku07121_3  誰でもできることを少しでも外国人のためにかしてくれませんか?とどこからも補助も受けずに無理せずにやっています。明日から、インドネシアの留学生2人を拙宅で、ホームステイさせる予定です。どんな素敵な出会いがあるでしょうか?結果はまたお知らせします。お楽しみに。写真はネルソン夫妻(ニュージーランド出身)の佐久の家での記念撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

お雛様に会いに来てください!

松井田町五料に県史跡「茶屋本陣」がありますが、お西と呼ばれる資料館に24回目の「ひな人形展」が開かれています。古いものでは270年ほど昔といわれる「享保びな」が有名ですが、実は高梨子、金井家に伝わっていたもので20年ほど前に金井久男議員が寄贈したものです。頭部が木質で墨がぬってあり、衣装も肉厚の十二単のようないでたちです。長い間土蔵の長持ちにしまわれてきたものでしたが、時代とともに飾る機会もなくなっていました。こうして毎年展示されて多くの人の目に触れることができて人形も喜んでいるでしょう。そのほかにもすわり雛(かみしも雛)と呼ばれる江戸から昭和にかけて作られた素朴な人形も愛着があります。(その中で一回り小さな紺色の裃を着た人形がたった一つだけありますが、これも金井久男議員の家に伝わったものです) いずれにしても人形というものには魂があるとかいわれます。約1000体のおひな様、皆さんのお越しを待っています。ぜひご覧ください。3月30日まで、月曜日休館、大人210円、詳しくは安中市教育委員会まで(382-1111)写真は、展示風景、享015_2 保雛の内裏様 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

冷たい風の中で訴えました

今朝は横殴りの雪が舞う最悪の天気でした。でも8時ころには静かになったので宣伝カーを用意、北関東比例選挙区候補の「あやべ澄子」さんとともに、安中市内を3箇所演説しました。あやべさんは48歳、21歳の息子さんのお母さんです、イージス艦に沈められた漁船に乗っていた若い漁師への思いには、ことのほか力がはいっていました。わたしは「軍隊は国民を守らない、以前も潜水艦が釣り船を沈めても助けることさえしなかった。こんな異常の国はごめん。参議院選挙で自・公が過半数割れになったが、民主党が国連の支持があればいつでも自衛隊を海外に送れるようにする、なんていっているのを見ると、自民党とおんなじ。ほんとの平和を守るには憲法9条を草の根から守ろうとがんばっている日本共産党を伸ばしてください」などと話しました。昼ごろには雪も解けましたが風の冷たさと強さにはこたえました。約25人が聞きに集まってくれました。ありがとうございました。

写真は私08210の生まれ在所、高梨子の雪景色、08224_013 と商店街での街頭演説です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

安中市議会が始まります

001_4  28日9時から市議会定例会が始まります。今日の議会運営委員会で会期日程や議案を審議する委員会などが決められました。私は議員団を代表して、首長の施政方針の後、各党派による「代表質問」を行うように各会派に提案しました。また、一般質問の持ち時間を増やすこと、一日に行う質問者をあらかじめ決めておくこと、なども提案しました。

前回の記事中、写真の説明が不十分でした。「松井田城址本丸跡で1月13日に行われている虚空蔵菩薩の祭典」でした。 ついでに菩薩像も載せてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

小学生にお話

昨日午前、九十九小学校の総合学習の時間に呼ばれて4年生と5年生の6人(全員015女子)にお話をしてきました。中味は、小学生が事前に学習しておいた「松井田城」と「あみだ絵板碑」について、解説してきました。いずれも「九十九小カルタ」にあるものです。 松井田城は、中世の山城としてたいへん価値が高く貴重な文化財です。いろんな人達が見学し、インターネットのホームページで紹介されていますが、どこか間違っている箇所が多いので注意して、自分の目で確かめてください。と子供たちに話しました。 ついで、板碑について、埼玉県長瀞地区を中心に産出する「緑泥片岩」に掘られた梵字によってあらわされた「供養のための碑」が町内に80基ほどあり、その中でたった一つ阿弥陀三尊像が描かれているのが高梨子から発見された「あみだ絵板碑」です。現在は旧松井田町役場(現在資料館)に保管、展示されてあります。ぜひ本物をご覧ください。そのほかおおきな板碑では土塩坊地にあるものは高さが170センチ、幅50センチもある見事なものです(畑から掘り出されたときに割れてしまっていたということです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年3月 »